足つぼダイエットの効果を最大化する方法

足つぼダイエットは足つぼや反射区(神経の束≒つぼ)を
マッサージをして効果を出す方法ですが、

単純にそれらの足つぼや反射区をマッサージしても
足つぼダイエットの効果はあまり期待出来ません。

脚痩せだけを即効にお望みの方は
足のむくみや老廃物を解消することで脚痩せが成功する場合がございます。
詳しくは下記をご覧下さい。
足痩せダイエットで足を細くする方法の真相~2つの決定的要因

確実に足痩せだけでなく、
体全体のダイエットを足つぼダイエットとしての効果
最大にするためにはやせる仕組みやタイミングを理解して
足つぼダイエットに臨むことが大切です。

NHKためしてがってんダイエット特番での
ダイエットの科学的検証と足つぼダイエットを組み合わせた、
確実に足つぼダイエットで効果を出す方法をお伝えします。

スポンサードリンク

 

 

1.NHKためしてがってんダイエット特番の要約

2011年1月5日にNHKで放送された
ためしてガッテン「決定版!こんな簡単に痩せちゃいましたSP」は
世のダイエット方法を全てバッサリとやってしまいました。

以下を読んで頂いて正しいダイエットを理解して実践して下さいね!

女性

1-1.部分やせ(脂肪燃焼)には順序がある

1.肝臓に付いている脂肪
2.内臓脂肪(おなか周り)
3.皮下脂肪(太ももや二の腕など)
内臓の脂肪が落ちる前には太ももや二の腕の脂肪は落ちません!

1-1-1.足やせで部分的に足を細くしたい方は

足痩せの方法は「老廃物」と「むくみ」を解消することで
人によっては1日で足が細くなります。

詳しくは下記のページをご覧下さい。
足痩せダイエットで足を細くする真相~2つの決定的方法
脚痩せエステの効果を確実に成功させる秘密の方法と脚痩せグッズ
足痩せマッサージの効果~成功の条件と3つのリンパ節

1-2.ダイエット運動は必ず食前に実施

食前の20分のエクササイズを2週間やった2人は痩せて
食後に同じエクササイズをした2人の体重は変わらず。

その理由は空腹感と血糖値の関係にあります。

空腹時は血糖値が低くなって、おなかが減ります。
そこで空腹時に運動をすると肝臓にある糖分が血液に出てきて
血糖値が上がります。すると空腹感が無くなります

運動後に食事をしても既に運動で血糖値が上がっているので
食べる量が少量になって(少量でも満足するので)ダイエットに結びつくのです。

体の外から食べ物(糖分)を補給して血糖値を上げなくても
運動することで体内の肝臓から糖分を分泌させればいい訳ですね!

1-3.基礎代謝や筋肉量は関係ない

実はぽっちゃり型の人はやせ型の人より基礎代謝が高い場合があります。
基礎代謝の内訳は脳~19.9%、心臓、肝臓など~58.8%、筋肉~21.6%。
筋肉の割合はとても低いです。

食べても太らない人は基礎代謝や筋肉の量が多いのではなく
そうじや洗濯、歩くことなど良く活動していました。
活動代謝を上げることがダイエット効果に影響を与えます。

そうじ

1-4.バナナ等の素材はダイエット自体に効果は無い

効果があったのは食べる素材ではなく、「体重を計測すること」でした
10日間体重を記録することでダイエットに意識が向き
食生活などの習慣が変わり効果が出る。

計測は朝が効果的とのことでした。

1-5.1回の食事を減らすとおなかが空かなくなる

いっぱい食べると空腹感も大きくなります。
血糖値がポイントで、いっぱい食べると血糖値も高くなります。
すると大量のインシュリンが分泌されて血糖値を下げ、また空腹感が出ます。

血糖値の乱高下ですね。

そこで1度の食事を少なくして血糖値の上昇を少なくします
すると分泌されるインシュリンも少なくなり、血糖値の乱高下が緩和されます。
少食でもがまん出来るようになるんですね。

脳に満腹感を与えるために
1回の食事を時間を掛けて良く噛んで食べることもおすすめですね。

スポンサードリンク

1-6.間食を防ぐ方法

おながが空いたら

1.水やお茶を飲む
2.寒天やこんにゃくなど低カロリー食品を取る
3.甘い飲み物やチョコレートを少し食べ血糖値を上げる
4.その場ダッシュ(その場で足ふみダッシュ)
~運動することで血糖値を上げる。(一番おすすめ)

2.足つぼダイエットの効果は肝臓部分が大切

1-2で説明しました通り、食べなくても運動することで
肝臓(体内)の糖分を血液に分泌させて血糖値を上げて
空腹感を無くす方法がありますよね。

足つぼダイエットを効果的に成功させるためには
食前や空腹時のタイミングに足つぼ(≒反射区)の肝臓の部分を
刺激して血糖値を上げる(空腹感を消す)ことでダイエット効果が上がります。

肝臓部分の足つぼ(≒反射区)の位置は
右足裏の小指と薬指の間の下4㎝の部分です。

また、同じ足つぼでも、インシュリンを分泌させる膵臓部分の足つぼ(≒反射区)を
刺激すると血糖値が下がり、空腹感が出るかと言えばそうではありません。

膵臓からは血糖値を下げるインシュリンだけでなく、
グルカゴンという血糖値を安定させる分泌物も出ますので
空腹感が増すことはありません。

安心して足つぼダイエットを実践して下さいね!

【参考】足裏マッサージや足つぼの医学的な見解や
足つぼマッサージのポイントは下記をご覧下さい。
足つぼマットの痛みの効果~医学者の見解は?
足裏や足つぼのマッサージのやり方~上手な方法ポイント3つ

足つぼの効果~足のむくみの解消法を医学的健康的に
足つぼ棒の種類やおすすめの使い方~官足法事務所直伝

3.足つぼダイエットの効果を最大化する方法

ポイントは
食前の運動で食べずに血糖値を上げること
肝臓から糖分を血液に分泌させる(血糖値を上げ空腹感を消す)ことです。

食前やおなかが空いたタイミングに
1-6で説明した「その場ダッシュ」(その場で足ふみダッシュ)と
更に肝臓の反射区(≒足つぼ)を活性化させ糖分を分泌させるために
「足つぼマットウォークマット2を踏む」

この2つを組み合わせることで、合理的に足つぼダイエットの効果が最大化します。

4.まとめ

繰り返しになりますが
ダイエットは空腹時に血糖値を上げることがポイントです。
足つぼダイエットは食事前や空腹時に
足裏の肝臓の反射区(≒足つぼ)を刺激することで、効果が最大化します。

理屈が分かれば足つぼダイエットは簡単なんですね!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です