活性水素水と還元水素水の違いは?簡単に説明します!

活性水素水と還元水素水、水素水の違いを
水素水業界の目線で簡単に解説しますね。

今は水素水自体が明確な定義がなく、
水素分子(H2)が含まれているお水を指します。

それでは活性水素水は?還元水素水は?違いがよく分からない方は
下記をご覧下さいね!

スポンサードリンク

活性水素水とは

活性水素という言葉は九州大学の白畑教授が広めた造語です。

活性水素=水素原子(H)ですので

活性水素水はすなわち水素原子(H)が
含まれたお水のこと
ですね。

もう少し詳しく説明します。
白金(プラチナ)製の電極で
お水を電気分解(お水に電気を通す)をすると
水に微量の白金が溶け出します。

その溶けだした白金に水素原子がくっついているものが
含まれるお水のことですね。

この白金にくっついた水素原子が体に有害な
活性酸素を消去するという説に基づいたお水です。

*白金(プラチナ)は体に無害ですので安心です。

活性水素(水素原子)は測定できない

但し、現在は活性水素水という言葉はあまり使われていません。

なぜなら、活性水素(水素原子)は
一瞬で水素分子になりますのでどの位含まれているかを
定量的に測定する技術が無いからです。

現在の技術で測定出来るのは水素分子です。
1.6ppmとか1600ppbと表現されるのは水素分子ですね。

理系の人は活性水素?そんなのあるの?なんて言いますね(笑)

084162

水素水がインチキと言われる理由も
原子状では一瞬しか存在できず、
計測出来ない水素原子(活性水素(水))という言葉が
広まっていることもあるでしょう。

今後、研究や技術が発展して水素原子を
計測できるようになるかもしれませんが、
水素原子で無くても水素分子での研究の成果が出ているので、
活性水素や活性水素水と言う言葉は次第に聞かなくなるでしょう。

ちなみに、水素水の研究の第一人者である
日本医科大学の太田教授も活性水素(水)と
自分の研究は無関係を言っています。

あくまで分子状の水素(H2)の研究をしているのですね。

結論としましては
活性水素(水)と言う名称の水素関連商品は
その販売者が水素水業界からは外れているか
あまり水素水業界を調べていないと思われます。

白畑教授の研究も進むかもしれませんが、
今の段階では活性水素(水)という言葉を使った
商品は購入しない方が良いでしょう。

スポンサードリンク

還元水素水とは

還元水素水は一般的に言われる水素水と同じです。

パナソニックが還元水素水生成器という名称で
水素水生成器を販売していますね。

パナソニックの水素水生成器で作られる水素水も
酸化還元電位(ORP)がマイナスの数値で
水素分子が含まれる通常の水素水を指します。

酸化還元電位は簡単に説明すると
錆びになるのが酸化(酸化還元電位がプラス)
錆びを取るのが還元(酸化還元電位がマイナス)です。

野菜ではきゅうりやトウモロコシの酸化還元電位がマイナスです。
一般の水道水は酸化還元電位がプラス600mv程になっています。

酸化還元電位

水素分子がきちんと含まれていれば
酸化還元電位はマイナス200mvからマイナス600mvの
還元力を持った水素水になります。

ちなみに活性水素(水素原子)は測定出来ないので
酸化還元電位がどの位になるかも測定出来ません。

ただの「水素水」と表現するよりも
「還元」と頭に付けたほうが消費者に分かりやすい
と言う理由で「還元水素水」と表現しているのでしょう。

活性水素水と還元水素水、水素水の違いのまとめ

  • 活性水素水と還元水素水の違いは含まれている水素が原子か分子かの違い
  • 活性水素水は活性水素(=水素原子)が含まれるお水
  • 還元水素水は水素分子が含まれるお水
  • ただし、活性水素(水素原子)は現在は測定する技術が無い
  • 水素分子は測定でき、PPBやPPMと表現される
  • 還元水素水と水素水は同じ

 

 

水素水の様々な情報のページ

水素水の最新の情報や効果的な飲み方、
アトピー性皮膚炎への水素風呂の効果やダイエットの情報は
下記のページからご覧下さい。
水素水の情報一覧のページ

 

いかがでしょうか?
現在の水素水業界は分子状の水素の研究を進めている
日本医科大学の太田教授を中心に進んでいます。

水素水関連商品を選ぶ基準として
分子状の水素の濃度であるppmやppbと言う表現をしている
商品を検討したほうが確かでしょう。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です