JTBでの宮古島東急ホテル&リゾーツ旅行のまとめ

JTBで宮古島東急&リゾーツへ旅行に行ってきました。
これから宮古島への旅行を考えている方へ参考になるようにと
私なりの主観ですがまとめましたのでご覧くださいね!

スポンサードリンク

宮古島旅行のレンタカーについて ☆☆☆☆☆

レンタカーは旅行申込時に予約したほうが良いでしょう。
タクシーでの移動は首都圏よりは安いけどやっぱりコストが掛かります。

ナビが付いているか必ず確認しましょう。

レンタカーで車を借りる時にナビの使い方や
レンタカーを戻す場所を実際の地図で確認しましょう。

toyota
画像提供元:トヨタレンタリース

旅行の予約について ☆☆☆☆

ネットでの予約も出来ますが、頻繁に旅行に行くことのない人は
JTBなどの旅行窓口が良いと思います。
何社か見積もりを取りましたが旅行代理店の窓口ではJTBが一番安かったです。

JTBに支払った費用は2泊3日、航空券、レンタカー3日分、朝食2日分付で約8万6千円です。
(但し時期や曜日で費用は変わります)

JTBの窓口で対応して頂いた方は宮古島へ行ったことのある方でした。
時間は思ったほど余ることや宮古島東急リゾートは良いホテルですが、
食事や買い物をする場合は高いと聞いていました。
(実際にそうでした)

DSC_0496

行き帰り飛行機の時間調整等は窓口で予約したほうが融通が利きます。

宮古島への旅行中は大阪の府立高校の2校の修学旅行と一緒でした。
JTBの窓口で飛行機が満席だったので事前に修学旅行と一緒かも?
と情報を頂いていました。
その為、行きの羽田空港-沖縄空港-宮古空港の出発時間が遅い経由便が取れなくても
納得して出発の時間が早い羽田空港-宮古空港の直行便にしましたね。

予定や時間配分、過ごし方について ☆☆☆☆

事前に予定は組んだほうが良いでしょう。
宮古島は1日から1日半でだいたい見終わります。

朝10時半頃までホテルで優雅に波の音や小鳥のさえずりを聞きながら
オーシャンビューの部屋を満喫した後に島めぐりをしても十分時間が余ります。
ホテルで贅沢な時間を過ごすのも良いと思います。

DSC_0439

海だけ見ていると、どこもきれいなため飽きる場合があります。
海以外のお土産屋さんやまいぱり植物園、海中公園も予定に入れたほうが良いでしょう。

DSC_0434

宮古島の食事や買い物について ☆☆☆☆

旅行申込時にホテルで朝食付きにしたほうが良いでしょう。
朝からお店を探す手間が省けます。朝食を予約しないのなら事前にお店を探して予約しておいたほうが良いと思います。

ホテルのレストランやコンビニはやっぱり高いです。
夕食で利用したホテルのレストランは高かったですが、
美味しい料理を優雅な気分でと考えますと納得できます。
但し、ホテルのコンビニのビールやおつまみの価格は一般のコンビニの1.6倍程でした。
ホテルから車で10分を走ればコンビニはありますのでホテルでビールなどを飲む人は
事前に買ってからホテルに持ち込んだほうが良いでしょう。

ホテル選びについて ☆☆☆☆

安心、信頼できるホテルが良いのなら宮古島東急リゾートが良いでしょう。
私は2度JTBの窓口に行きまして、それぞれ別の方に対応して頂きました。
2人とも宮古島へ旅行に行ったことがあり、宿泊先は宮古島東急リゾートだったとのことです。

宮古島東急リゾートはコーラルウィングとオーシャンウィングの2棟あります。
私はたばこを吸うのでオーシャンウィングでした。
高校の修学旅行と一緒だったことでホテルの方に
スタンダードツインからデラックスツインにアップグレードしてもらいましたが、
スタンダードツインでも十分高級感溢れる部屋です。
この2つの主な違いはデラックスはホテルの最上階で眺めが良いことと
バスとトイレが別になっていることです。部屋の広さは変わりません。

DSC_0449

その他 ☆☆

宮古島は本当にゆっくり車を運転している方が多いです。
車も少ないので、追い越しをする時があるかもしれませんが、
対向車には気を付けて下さい。

宮古島の天気は変わりやすいですね。
私が滞在中は1日目は曇りのち雨、2日目は曇りのち晴れ
最終日は晴れでした。初日は雨の中で宮古島の観光をしましたが
十分きれいな海を堪能出来ましたね。
もし雨が降ったら観光するのも良いですが、
ホテルでゆっくりした時間を満喫するのも贅沢な時間を楽しめると思います。

滞在中や旅行の準備は下記のリンクの日記を参考にして下さい。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です