口臭は舌が白いのが原因!時間が無い時の改善策とは?

口臭の原因の約6割は舌からの口臭と言われていますが
あまり舌をケアしている人は少ないようですね。

舌からの口臭は白い色の
舌苔(ぜったい 舌のこけ)の付着が原因です。

私はある日、自分の舌からの口臭に気づいて
舌の臭いに敏感になりました。
そうすると他人の口臭にも敏感になるのですね。

これから日々の舌のケアや
時間が無い時の舌からの口臭対策をお伝えします。

スポンサードリンク

口臭の元である舌苔が出来る原因

舌の表面には舌乳頭と言う細かいヒダヒダがあります。
この舌乳頭のヒダの間に食べかすや口内細菌が溜まります。
これが白い色の舌苔なんですね。

口の中の細菌はタンパク質やアミノ酸を分解して
揮発性硫黄化合物(VSC: Volatile Sulfur Compounds)という物質を作り、
これが口臭の原因になります。

揮発性硫黄化合物は舌の上で多く出来ます。
なぜならタンパク質を多く含む食べかすが舌苔に含まれるからです。

舌からの口臭の原因である舌苔は
唾液の分泌量が少ない時に起こります。
舌の口臭は寝起きが一番分かりやすいですね。

接客や商談時など夢中で相手に説明をした時や
緊張をして何かに集中していた後も唾液が少なくなり
口の中が乾燥して舌苔が付きやすくなり口臭が出てきます。

まずはどんな時に舌からの口臭の原因である
舌苔が出てくるか把握することでしょう。

舌からの口臭の確認方法

口を閉じて鼻から息を出して臭いを確認します。
そうすることで舌からの口臭を確認出来ます。
いつでもどこでも出来るのでおすすめですよ!

これは舌以外の胃からの口臭を確認することも出来ますね!

朝起きた直後の舌の白さと
歯磨きをして軽く舌をブラッシングした後の舌の白さを
比較すると分かりやすいでしょう。

舌が原因の口臭の日々の対策

朝起きてから歯を磨く時に
歯ブラシで軽く舌をブラッシングするのが
一番手軽に出来る方法です。

たまに歯磨き粉の匂いはするけど同時に
舌からの口臭がする人もいるのですよね。

もったいないな、
舌もブラッシングすればいいのにと思いますね(笑)。

注意としては強くブラッシングすると舌が傷つくだけでなく、
舌からの唾液の分泌が減ってかえって白い舌苔が出やすくなります。

舌を強く磨いてしまいがちな人は
タングブラシを活用すると良いでしょう。

歯ブラシより断然効果がありますよ!

また、歯と歯の間に歯垢が溜まっていることも
舌に細菌が付きやすく舌からの口臭になることがあります。

歯間ブラシやデンタルフロスで歯と歯の間のケアも大切です。

スポンサードリンク

時間が無い時の口臭対策

緑茶を口に含むことが即効性があります。

緑茶に含まれるフラボノイドやカテキンが
消臭効果があるのですね!

歯を磨く暇が無い時やガムの匂いは出せない
窓口での接客業の方やお客様との商談前の営業職の方には
大変おすすめです。

たばこを吸う人の口臭対策にも良いでしょう。

緑茶の飲み過ぎは唾液の分泌が悪くなり、
逆効果と言う説もありますが、
私の経験上は30分以内に500mlのペットボトルを1本飲んでも
口臭がきつくなったと思った経験はありません。

緑茶は飲まなくても口に含む程度でも十分に口臭対策の効果はあります。

舌に緑茶の匂いが付いて良いなぁと思いましたね。
それ以来、ペットボトルの緑茶が手放せなくなりました!

もう一つは舌を上あごに擦りつけたり、
自分の歯で舌をしごいたりします。

そうすることで口臭の原因である
白い舌苔は簡単に取れますよ!
冒頭でお伝えしましたが、
自分の口臭に気づいた時から
舌から胃からと口臭の原因と対策をやり始めました。

まだまだ、口臭予防や対策に敏感でない人は多いと思いますが
まずは自分からエチケットをして口臭対策をしていきましょう!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です