アルコール消毒の効果~確実なインフルエンザやノロウイルス対策は?

ウイルス防止などの除菌には
アルコール消毒が直ぐに思いつくことと思いますが
効果はあまり無いと言われています。

その理由やアルコールと違って
インフルエンザやノロウイルスにも効果のある
次亜塩素酸水を紹介します。

スポンサードリンク

また、次亜塩素酸水と似ている
次亜塩素酸ナトリウムとの違いも説明しますね。

アルコール消毒の効果は万全ではない

インフルエンザや病原性大腸菌には効果がありますが、
ノロウイルスやロタウイルスには効果がありません。

アルコール消毒が効果があるのは
インフルエンザなど細胞にエンベローブと言われる
膜が有る場合です。

エンベローブはタンパク質や脂肪から出来ている膜で
アルコールに対しては壊れやすい性質を持っています。
エンベローブが壊れることで死活するのですね。

それではインフルエンザやノロウイルスにも
効果のある除菌剤はどのようなものがあるのでしょうか?

ウイルスの除菌には次亜塩素酸水

次亜塩素酸水は塩酸や食塩水を
電気分解して作る次亜塩素酸を成分とする液体です。

次亜塩素酸水はインフルエンザウイルスや
ノロウイルス、ロタウイルスだけでなく
芽胞(がほう 一部の細菌が作るとても耐久性のある細胞)にも
除菌効果があります。

この強力な除菌力で人間に副作用ありません。

その理由は人の体の中にある
白血球に含まれる好中球が
細菌を死滅させる時の作用の1つが
次亜塩素酸を発生させて死滅させています。

次亜塩素酸水は
人間の体内の免疫機能としても働いているのですね!

既に人の出入りが多い
官公庁や医療機関や企業でも次亜塩素酸水を
噴霧器に入れてウイルス対策をしている所もあります。

スポンサードリンク

次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムの違い

次亜塩素酸水と
良く似た名前の次亜塩素酸ナトリウムがあります。

次亜塩素酸ナトリウムは
分かりやすく言えば漂白剤です。

「混ぜるな危険」
酸と混ざると有害なガスが発生します。

次亜塩素酸ナトリウムは
強アルカリ性で発がん性の高いトリハロメタンを
生成する場合があります。

次亜塩素酸水は
弱酸性、目や口に入っても問題ありません。

その他違いは沢山ありますが、
同じ除菌作用がある2つは異なるので注意が必要です。

おすすめの次亜塩素酸水の選び方、使い方

  • 既に希釈されていてそのまま使えるもの
  • 消費期限が1年であること
  • メーカーから作り立てを直接購入できること
  • 弱酸性であることが証明できること
  • 初めは少容量のスプレーから使うこと

などが挙げられます。

家庭用の加湿器に次亜塩素酸水を入れると
錆びることがあります。

超音波式の加湿器は
次亜塩素酸水の対応型が多いですのでおすすめですが、
購入前に加湿器メーカーに問い合わせたほうが良いでしょう。

錆びても良い安価な加湿器に入れて使うのも良いでしょう。

 

ウイルス対策や
除菌、消毒にはアルコールと言う方が多いと思いますが、
安全で効果の高い素材は次亜塩素酸水なのですね!

新たなウイルスは次々と出てきますので
次亜塩素酸水を活用してご自身だけでなく
お子様やご家族のウイルス対策をして下さいね!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です