私立文系の就活~社会人から見た成功する奥義

私立文系の皆さんに社会人から見た就活に成功する奥義をまとめました。
他の学生に差を付け、勝ち抜く為に奥義を身に付けて下さい!

会社側は学生が就職した後に一緒に働くことを考えて採用します。
余裕が無い学生は内定をもらうことが目的となっている場合が多いですね。

会社側と同じ目線で就職した後を考えて就活に取り組むと成功に1歩前進します!

スポンサードリンク

 

 1.はじめに

私は100人規模の中小企業から1000人の優良企業、
10000人の上場企業で働いて来て、就活の面接官も何度も経験しております。

既に社会人として働いている目線で
私立文系(国公立文系でも良いですが)の学生さんが
就職活動を成功する必勝法をお伝えします。

2.私立文系の就活の究極奥義

結論から言うと「コミュニケーション能力」と「思考力」の2つ。

で、
就活面接で成功するコミュニケーション能力の究極奥義は
「人に喜ばれた経験」「人と接してガマンした経験」です。
なぜなら会社組織で働くと言うことは

「自分が他人を喜ばせる(役に立つ)こと」
「自分が他人からガマンすること」だからです。

この2つを学生時代に経験して面接に臨んで下さい!
自信を持って面接に臨めますよ!

「思考力」(SPI対策)については下記の記事をご覧下さい
私立文系の就活SPI~社会人から見た対策と必要性

3.究極奥義の具体例

究極奥義と言っても拍子抜けしてしまう程に簡単です。

・アルバイトで13時からのところ、忙しい時は12時半には行ったら社員に喜ばれた。
・常にメモを取って早く仕事を覚えようとしていたら社員の方に褒められた。
・与えられた仕事以外でも必要と思ったことをやったら社員の人に褒められた。
・厳しい先輩の要求に耐え続けた。
・嫌だった飲み会もガマンして参加し続けた。

今現在、サークル活動やアルバイトをしている人は

「人を喜ばせるにはどうしたら良いか?」
「ガマンしても実行していることは何か?」

この2つを考えて実行して下さい。必ず就活面接に活きます!
特にサークル活動やアルバイトを経験していない人は
今から短期のアルバイトでも構いませんので、上記の2つを意識して開始して下さい。

繰り返しますが、会社組織、社会は

「自分が他人を喜ばせる(役に立つ)こと」
「自分が他人からガマンすること」で成り立っています。

スポンサードリンク



4.就活に活きる活動の具体例

これも単純で決して難しくありません。

1番良いのは
短期でも良いのでインターンシップで会社組織に接することですね。
インターンが出来ない場合はアルバイトをするのも良いでしょう。

サークルやゼミの活動、社会福祉活動も良いですが、
学生組織で上下関係がゆるい場合は社会に接する経験の方が良いですね。

資格試験など目標を定めて達成する活動もアリですが、
これは自分自身だけの活動です。必ず人と接する経験もしましょう。

5.コミュニケーションが苦手な人

コミュニケーションが苦手と思っている学生さんも多いと思います。

これは気にしなくても良いです。

(ただし、面接で自分の欠点はコミュ能力と言うのはNG。
面接で落として下さいと言っているようなもの)

社会人として働いている人は一部を除き
「一人で読書やドライブをしている方が好き」です。

コミュニケーション能力は人と接していれば磨かれます。
コミュが苦手と思っていても
「周りの人に喜ばれるにはどうしたら良いかな?」と考えて
アルバイトやサークル活動に臨むだけで構いません。

コミュが苦手と思って人と接しないのが一番よろしくありません。
ただ単純に人と接する機会を増やして行きましょう。

6.就活の概要~5のポイント

就活は5つに分けて考えましょう。
下記の1と5は連動しますが、分けることで整理が出来ます。
整理が出来ると今やるべきことが明確になります。

1.人と接してコミュニケーション能力を磨く【最重要、5と連動】
2.SPI対策をする【最重要、思考力強化】
3.職種を決める
4.業界を決める
5.面接対策をする【最重要、1と連動】
(内定、就職)

私立文系の皆さんの就活成功を祈願しています。それではまた!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です