トランス脂肪酸に代わる健康油の種類は?~見やすい一覧表で説明

日本の厚生労働省に当たる
アメリカの食品医薬品局(FDA)が6月中旬
「トランス脂肪酸」の食品添加物を
2018年6月から原則禁じると発表しましたね。

日本人はアメリカ人と違い、
トランス脂肪酸の摂取量が少ないから安心と言われていますが、
体には良くない油であることは周知の通りです。

また日本人はコーン油やベニバナ油サフラワー油の
オメガ6油を取り過ぎでアレルギーや皮膚炎を起こしている場合が
多いのですね。

それでは体に良い健康油を加熱調理で使う場合や
トランス脂肪酸が含まれるマーガリン代わりになる
健康油をどのように使い分ければ良いのでしょうか?

分かりやすい健康油の種類の一覧表を掲載します。

スポンサードリンク

 

健康油の一覧表

下記の画像をクリックしますと拡大します。

一覧表

炒め物などの加熱調理にはオリーブオイルやキャノーラ油、
マーガリンやドレッシングなどの非加熱料理には
亜麻仁油(あまにゆ、フラックスオイル)が良いのですね!

油の大分類

大まかに分類しますと以下の通りになります。

飽和脂肪酸

牛肉、豚肉、乳製品など動物性の脂肪に多く含まれる油です。

不飽和脂肪酸

植物や魚類から抽出される、善玉コレステロールを増やすなど
身体に良い影響を与える油です。

下記の説明します健康油であるオメガ脂肪酸は不飽和脂肪酸ですね。

不飽和脂肪酸は酸化による劣化がしやすいものもあります。

トランス脂肪酸

簡単に説明しますと、
酸化や劣化がしやすい不飽和脂肪酸に
人工的に水素を添加して飽和脂肪酸を作ります。

この時に飽和脂肪酸にならなかった一部の不飽和脂肪酸のことを
トランス脂肪酸と言います。

トランス脂肪酸は別として
大まかに言いますと不飽和脂肪酸は良い油と受け止めれば良いでしょう。

スポンサードリンク



健康はオメガ脂肪酸をバランス良く

オメガ脂肪酸は、不飽和脂肪酸に属する油ですが
不飽和脂肪酸を多く摂取すれば良いと言う訳ではありません。
バランス良く摂取することが大事ですね。

オメガ3

亜麻仁油(フラックスオイル)、しそ油(えごま油)
アジやサバ等の青魚に含まれるEPA、DHAと言われる脂ですね。
中性脂肪を減らして善玉コレステロールを増やします。

またαリノレン酸を多く含みます。
人間の体内では作ることが出来ない必須脂肪酸であり、
人間に必要不可欠なの栄養素ですね!

亜麻仁油は体内でEPA、DHAに代謝されます。
皮膚炎の方にもおすすめです。

現在多くの亜麻仁油が販売されていますが、
オーガニックで酸化防止のために遮光性の容器に入った商品にしましょう。

購入前にはレビューをご確認下さい。

オメガ6 取り過ぎは皮膚炎の原因

サラダ油、べにばな油、コーン油、ごま油、マヨネーズ類。
悪玉コレステロールを減らす反面善玉コレステロールも減らしてしまいます。

リノール酸を多く含んでおり、
人によってはアレルギーを促進してしまいます。

皮膚炎の方はオメガ6の取り過ぎかもしれません。

日本人はこのオメガ6の取り過ぎが問題なのですね。

おまけ(美容健康は足つぼから)

足裏マッサージや足つぼマットの効果を上手に出したい方や
足つぼダイエットを成功させたい方、
足のむくみを解消させたい方、足の冷えを解消したい方は
下記のページをご覧下さいね!
足裏マッサージや足つぼマットの痛みの効果~医学的科学的根拠は?
足裏や足つぼのマッサージの効果~上手なやり方ポイント3つ
足つぼダイエットの効果を最大化する方法
足のむくみの原因と2つのスピード解消法を医学的健康的に
足裏足つぼのかかとの痛み~解消法と原因の見分け方

オメガ9

オリーブ油やキャノーラ油。
オレイン酸を多く含みます。

熱や酸化に強く、悪玉コレステロールを減らす働きがあります。
加熱調理には最適ですね。

購入前にはレビューをご確認下さい。

加熱調理をするにはオリーブ油やキャノーラ油、
加熱をしないマーガリンの代わりやドレッシングには
亜麻仁油(フラックスオイル)がおすすめですね。
アメリカ人にとってはトランス脂肪酸の取り過ぎが問題になっておりますが、
日本人はオメガ6脂肪酸の取り過ぎが問題になっております。

亜麻仁油やオリーブ油を積極的に摂取して
日本人ならではの健康体を作っていきましょう!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です